ログイン

山形の企業の今を知れるガイドブック

<インターンシップ プレセミナー>    外食産業化の歴史
株式会社三栄本社

 この前は、外食産業の大きさはハンパないお話をいたしましたが、

その続き(2回目)で、産業化の歴史を要約したいと思います。

 

 第2次大戦後からの日本の復興を顧みると、その大きさ25兆円に至るまでには、以下の成長の過程がありました。

 まず、復興当時は、「水商売」と言われた飲食業からの成長の過程があります。日本の水の値段は、全国に水道のインフラが普及していたため、諸外国と比較しての値段はただのようとまで言われていたものです。

 

 そこから、昭和29年(1954年)から昭和45年(1970年)にかけて、人口増加、高度成長の結果、GDP世界第二位の経済成長を遂げました。それを支ええる形で、業界に対する需要も拡大していきました。この需要拡大に合わせるためのキーワードは次の三つです。

1.「画一性」、2.「スピード」、3.「効率性」

 

 ニーズに応えた業態の開発をいかに早くコピーをして増やしていくといった展開が進められたと言えます。これを裏付けたのが、チェーン理論a、セントラルキッチン方式b、FCシステムcでした。この結果、全国に弊社グループでいうモスバーガー、リンガーハットのチェーン店が広がりました。

注記

a :  飲食店業態を一つのブランドの元、同種多店舗を全国に効率よく展開する方式。

b:  チェーン店傘下の各店舗への食材・調理食品等の供給を一括し、効率的かつ適正な価格で提供するため、供給工場を整備する方式。 

c:  aに基づき、フランチャイズ(FC)本部に加盟、ロイヤルティ支払の対価として、そのブランド使用、宣伝販促等を委託、店舗所在地での営業活動を行う。

今回は、ここまでです。本ブログの内容、弊社に関する情報、何でも知りたい方

以下の「お知らせを受け取る」にアクセスしてください。

また、インターンシップに参加希望される方向けに、これから何回かに亘り、参考となる業界情報をお知らせしていきます。

また、弊社 URLは次の通りです。

http://saneihonsha.co.jp

関連サイト YAMAGATA MIRAI LAB.

山形と関わる自分の未来を見つけるための研究所
[ヤマガタ未来ラボ]の記事をご紹介
山形仕事図鑑
大学生LIFE
UIターン
イベント情報
コラム
ヤマガタ仕事ラボ
株式会社キャリアクリエイトが運営する仕事マッチングサイト【ヤマガタ仕事ラボ】

日々、山形の企業の魅力と自分らしい働き方を研究し、山形で働きたい人と山形で頑張っている企業を“予想外の出会いと偶然の発見” でつなぎ、就職・転職への新しい扉を開きます。