ログイン

山形の企業の今を知れるガイドブック

足場の会社に入社した先輩社員の告白 ~入社後編~
株式会社セントラルリース

 こんにちは!セントラルリースの採用担当です。

前回に引き続き、入社2年目の営業スタッフ 齋藤くんの紹介です。

今回は、入社してから今に至るまで、齋藤くんの本音をぶっちゃけてもらいましょう!

 

Q1.入社後、いい意味・悪い意味でギャップはありましたか?

「いい意味でも悪い意味でも、営業が現場作業をすることですね。

営業というと、仕事を受けて売り上げをあげることがメインだと思いますが、セントラルリースの営業は現場監督兼営業のような役割です。忙しい時はセイフティービルダーと一緒に現場で足場を組むこともあります。ちなみに、僕は入社1年目の頃は半年以上現場作業をしていました。」

悪い意味でのギャップは、営業だけど現場で足場を組んだり解体したりすることが仕事の1つになっているという部分ですか?

「はい。部材はけっこう重くて、入社1年目の頃は仕事しながら毎日筋トレしているようでした。ずっと筋肉痛で肩が痛くて痛くて…。」

 

では、いい意味でのギャップは?

「現場作業を半年以上したことは、お客様とお話する際に『こういう足場が提案できる!』という経験値になりました。家はいろんな形があるので、それに合わせた足場を頭でイメージし提案できるようになったかなと思います。」

 

なるほど!知識だけ詰め込んでも、実際に足場を使う人の立場を経験しないと、いい足場は提案できないということですね!

「そのとおりです。」

 

 

Q2.入社してから今まで大変だったこと、嬉しかったことを教えてください。

「大変だったことはもちろん現場作業です。

前回のブログでもお伝えした通り僕はインドア派です。ずっと家にいるようなタイプの大学生だったので、、入社して半年以上現場作業をした時は毎日体がヘトヘトで大変でした。

 

嬉しかったことは初めて足場の仕事をもらえた時です。

お客様を訪問してもなかなか仕事をいただけなかった時期が前半続いたのですが、初めて『お仕事お願いするね』と言っていただけた時はすごく感動しました。さらに営業所のみんなが喜んでくれたことが本当に嬉しくて、すごく励みになりました。」

 

素晴らしいですね!遅ればせながら初受注おめでとうございます!!

「営業」と聞くと、同僚はみんなライバルだ!と殺伐としているイメージでしたが、受注が入ったことをみんなで喜び合えるというのは素敵ですね。

 

Q3.セントラルリースにはどんな人が向いていると思いますか?

「いろんなことを楽しめる人ではないでしょうか。

先ほど言った通り現場監督兼営業という形でたくさんの現場をこなしていく仕事なので、多くの人と接することもあり、多様性を楽しめる人が向いていると思います。」

 

Q4.現在の目標があれば教えてください。

「2年後には営業所の『スーパーエクセレント営業マン』になることです。

目標は高く、営業所の売り上げ№1になり、営業所の顔になることを目指して日々頑張っています!」

 

素晴らしい!!(拍手)応援しています!

2年後が楽しみです。

 

最後に就職活動している学生の皆さんへ一言お願いします。

「コロナで大変な状況かとは思いますが、引きこもらずにいろんな情報を手に入れることが大事だと思います。僕自身、ほんの数年前までまさか自分が足場の会社に入るなんて思ってもみなかったですし。まずは自分の目で見てみる、話を聞いてみる。情報収集して、自分が納得のいく就活をしてほしいと思います。」

 

 

\21卒まだまだ募集中/

先輩社員と個別に話せる機会もつくります!まずは一度、私たちと話してみませんか?

「この企業からお知らせを受け取る」からご連絡お待ちしております!

この記事を書いた会社
株式会社セントラルリース
この会社のブログ
足場の会社に入社した先輩社員の告白 ~入社理由・就活編~
足場の会社に入社した先輩社員の告白 ~入社理由・就活編~

関連サイト YAMAGATA MIRAI LAB.

山形と関わる自分の未来を見つけるための研究所
[ヤマガタ未来ラボ]の記事をご紹介
山形仕事図鑑
大学生LIFE
UIターン
イベント情報
コラム
ヤマガタ仕事ラボ
山形の企業の今を知れるガイドブック【ヤマガタ仕事ラボ】

山形での就職活動ならキャリアクリエイトが運営する「ヤマガタ仕事ラボ」にお任せ!求人情報・インターンシップ情報はもちろん、先輩社員の生の声や社風・今日のランチに福利厚生・働き方など、「山形で働く」のリアルが見れます。